人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

S造リノベ45 三和土2

 搬入が終れば早速砕石を敷き均します。


e0360218_08124984.jpg

土間の下には防水シートを敷き、地中からの湿気はシャットアウトします。この上に三和土で仕上ると、室内の空気だけを調湿してくれるので、お部屋の環境も良くなり快適に過ごせると思います。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

by kastaa | 2018-11-24 08:00 | S造リノベーション | Comments(0)

S造リノベ44 三和土

 裏庭の竹垣も貼終わったところで、1F店舗の土間仕上を行います。


e0360218_08161898.jpg


 材料搬入です。ご近所に迷惑にならないよう早朝に現場へ取り込みます。


これだけの量の土に消石灰とにがりを混ぜ、ひたすら敲き転圧を掛けて三和土を仕上げます。因みに三和土とは、3種類の材料を混ぜ合せることに所以しているそうです。そしてそれをタタキと呼ぶのは、その材を敲いて仕上げるからだと思われます・・・恐らく。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

by kastaa | 2018-11-17 08:35 | S造リノベーション | Comments(0)

S造リノベ43 裏庭8

 木賊貼です。



e0360218_08170037.jpg

半丸の竹を削り合わせながら、隙間が目立たないように貼り付けていきます。

この竹の節を横一線に揃わないよう、わざとズラしてもらっているのですが、これが意外に面倒なようです。予め長さに余裕をもって注文しておかないと高さの調整が効かないため注意が必要です。特殊な工事なので、いざ工事をしてみないと気付かないことが多かったのですが、竹屋さんに色々と教えてもらえ勉強になりました。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。



by kastaa | 2018-11-10 08:46 | S造リノベーション | Comments(0)

S造リノベ42 裏庭7

 それでは木賊貼といきたいところですが、鉄骨屋さんから待ったが掛かりました。



e0360218_14554409.jpg

そうです。裏庭の土間仕上は鉄板敷きなのです。

先に木賊貼を施工してしまうと、鉄板が敷き難くなるので、その前に入ってもらうことにしました。先日の土間コンクリートをできるだけ平滑に仕上てもらったので、そのままの勾配に少し微調整しながら敷いていきます。両サイドは御影石が決まっているので、なんともシビアな施工ですが、隙間無く綺麗に納まりました。


京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

by kastaa | 2018-11-03 08:00 | S造リノベーション | Comments(0)