新築70 可動レール

室内の現しになる可動棚のレール取付けです。


e0360218_17591865.jpg
 収納内部ではない室内に面して、普段からよく見える箇所に設ける可動棚のレールは、溝を突いて埋め込むようにしました。


e0360218_17591862.jpg
ちょっとしたことなのですが、金物が出っ張っているかそうでないかで、見た目が全く違って見えます。大工さんの手間も、溝を突くか、そのまま取り付けるかで、これまた全然違ってきますし、箇所数が多いと余計手間暇が掛ってしまいます。


以前ご紹介したフローリングにVレールを埋め込むということ等もそうですが、綺麗にスッキリと納めようと思うと、やはりちょっとした手間が必要になります。


ただ、この辺りの納まりについては、きっとお客様は説明してやっと、なるほど!と気付いて頂けるのだと思いますが、普段からそういった細かい納まりにも拘りを持つことが、良い家を造るための秘訣だと考えております。


京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。


by kastaa | 2016-04-02 08:00 | Comments(0)

ぽちっとがんばっています!


by yone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31