新築65 Vレール

主要な出入口の建具は全て引戸とし、真鍮製の9㎜角のVレールを直接フローリングに埋込む仕様としました。


e0360218_17591693.jpg
こちらは子供室入口の引込み戸です。


写真中央の上下に入っている溝に真鍮レールを埋込みます。手前半分(下側)が出入口となり、奥半分(上側)が引込部分となります。その前に不自然に建っている柱は本棚を設置するために利用します。


敷居を入れるかどうかについては、建具枠同様に色々と試みましたが、やはり敷居無しでレールを直接フローリングに埋込む方法が一番スカッとするという結論に達しました(私個人的にです)。


この仕様が使えるのは、


・お部屋の内外の床板が同じ無垢材であること


・施工する大工さんが根気強く器用であること


この2点が大前提になります。写真にあるようにフローリングと平行に入れるのはそんなに手間は掛らないのですが、直行の場合、フローリング一枚ごとに溝を突いて寸分違わず貼らなければならないので、想像以上に面倒な作業になるようです・・・。大工さん達には、これからはこの工法でいきたいのでお願いしますと、伏線を張っているところです。


京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。


by kastaa | 2016-02-27 08:00 | Comments(0)

ぽちっとがんばっています!


by yone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31