夏休み

 やって参りました。夏休みです!



e0360218_17421317.jpg


 子供達と海水浴に行ってきました。くらげが心配ですがお盆休み中にも行ってくる予定です。前回は台風の影響で若干水が汚れていたのですが、今回は日本海の綺麗な水質に戻っていたらいいですね~。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2018-08-11 08:00 | Comments(0)

S造リノベ32 内装

 2階、3階の内装工事を進めます。




e0360218_07560966.jpg
ダイニングのエアコンスペースです。

奥側が寝室で手前がダイニングです。設計段階では間仕切は無しにして南北にリビング、ダイニング、寝室と広々と長い一室空間にしようか、などと相談していたのですが、さすがに各所収納が欲しいということになり、間仕切壁、エアコンスペースとを設置することになりました。

お部屋の雰囲気と生活するために必要なもの。何を優先させるのかが難しいですね~。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2018-08-04 08:07 | Comments(0)

S造リノベ31 H型鋼4

 ファサードの左官中塗りが完了しました。


e0360218_07513251.jpg

モルタルとは違って土壁の上質感がいいですね~。最終的には中塗りのままだと雨に流されてしまうので、保護材を塗布して完成となります。


上部アルミサッシが内付タイプになっているのはお気付きでしょうか?半外タイプだと、いかにも住宅用というイメージが強いので、内付として納められるオプション材を利用しました。今回始めて使ってみたのですが、壁の見込寸法が70㎜程とれ壁の出隅が見えることによって、サッシの見え方が劇的には変わりませんがさり気なく拘りを主張してくれているのではないでしょうか。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2018-07-28 08:13 | Comments(0)

S造リノベ30 H鋼3

 左官工事です。



e0360218_08014614.jpg


 前回のH鋼左右に取り付けた水切に防水シート(フェルト紙)を貼り、続けてラス網を貼ります。

これで基本的には雨仕舞は完璧です!仕上材だけで止水することは経年と共に難しくなっていきますので、それらの性能が落ちたときにもしっかり止水できるように心掛けています。そのためには今回入れたような捨て水切が最も有効です。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2018-07-14 08:08 | Comments(0)

S造リノベ29 H鋼2

 H鋼廻りの壁下地を進めていきます。


e0360218_17363226.jpg


壁の厚みに隠れる部分にL型の水切材を仕込んでもらいました。この部分に防水シート重ねて貼れば雨漏りの心配は無くなります!

こういう特殊な納まりの時にも、雨仕舞の方法を明確にしておくことが肝要です。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2018-07-07 17:41 | Comments(0)

S造リノベ28 H鋼

 ファサードを進めます。


e0360218_18174222.jpg


 なんとか搬入できました。表には足場が建っているし、茶碗坂という立地のため、H型鋼を人力での搬入となってしました。けっこうな重量なので、すぐさま足元を固定し、上部の既存梁材に溶接固定してもらいました。このH型鋼は構造とは全く関係のない、外観のための化粧材として取付けました。さて上手く納まるでしょうか。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2018-06-30 18:52 | Comments(0)

S造リノベ27 下地

 1F店舗の内装下地も終盤を向かえました。


e0360218_07561879.jpg

 天井にボード、壁にラスボードを貼り、大工工事の下地は完了です。天井は和紙貼、壁は左官中塗り、土間は三和土仕上なので、まだまだ荒っぽい感じはしますがこれで内装仕上工事にバトンタッチです。まだまだ仕上った形状を想像するのは難しいですが、順調です!

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2018-06-23 08:01 | Comments(0)

S造リノベ26 基礎石

 店舗中央に設けるカウンターの基礎石です。


e0360218_15122012.jpg





カウンター幅3,600㎜に奥行800㎜です。椅子に座ったときに石に引っ掛らないように1ヶ所窪みを設けました。この石の上へカウンター一体の家具が載ることになるのですが、電気配線、給排水、家具と石との取合い寸法など、カウンター廻りだけで考えることはたくさんあります。家具屋さんとの連携が重要となります。

 

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。


[PR]
# by kastaa | 2018-06-16 08:00 | Comments(0)

S造リノベ25 床見切

 既存の土間にレベル差があり、1Fの床レベルを3段に分けて設定したので、その床見切材も御影石としました。




e0360218_19353436.jpg

途中までは床見切材で、奥側は厚みを変えて幅木材としております。


壁が中塗仕上で床が三和土なので、ぐるっと一周に見切材が必要となります。捨てコンクリートを敷きながら石を据えていきます。もちろんレベルや壁とのチリ、家具との納まりを計算しながらの作業となりますので、時間を要する苦労の多い作業です。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2018-06-09 08:00 | Comments(0)

S造リノベ24 石幅木

 大工さんがR壁に手間を掛けている間に、1Fのその他の段取りを進めます。



e0360218_17085231.jpg


土間と壁の取り合いに設ける御影石製の幅木です。内装仕上材は壁が中塗仕上、土間が三和土なのでその見切りに入れる材質として御影石しか思いつきませんでした。和が強くなり過ぎてもイメージと違ってしまうのですが、これらの純和風なテイストにR壁の鏡面左官壁が加わると程好く和モダンな感じに纏まってくれると思います。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2018-06-02 17:16 | Comments(0)

ぽちっとがんばっています!


by yone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31