人気ブログランキング |

塀工事9 洗出し

 ブロックが積めたのでそのまま続けて洗い出し仕上の準備に掛かります。





塀工事9 洗出し_e0360218_09154605.jpg
 まずはモルタルで下塗りです。いつもの工法ですが、CB天端に予め基礎パッキンを固定しておきます。そこへCBの側面及び天端にモルタルを塗廻し、基礎パッキンの天端だけが少しだけ高い状態にしておきます。そうすれば、この上へ載せる板塀の土台がモルタル(洗い出し)より少し浮いた状態となり、基礎パッキンだけにきっちりと載せることができ、土台が腐り難くなります。

基礎パッキンの厚みは20㎜なので、モルタル下塗りと洗い出しの厚みをなんとか15㎜に抑え、5㎜の隙間を開けるようにします。これなら樹脂製の基礎パッキンが入っていてもそれほど目立つことはありませし、何より腐り難いことが嬉しいです。天端の洗い出し仕上は念のためわずかですが勾配を付けてもらっています。綺麗に仕上がりますので、宜しければお試し下さい。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2020-01-25 09:27 | Comments(0)

塀工事8 CB積み

 コンクリートブロックは2段だけですので、あっという間に作業が進みます。


塀工事8 CB積み_e0360218_08533437.jpg

門扉の位置や、新設する塀の柱位置、そしてアンカーボルト位置などをそれぞれ正確に配置します。この作業をいかにきっちりと行うかによって仕上がりに大きく影響します。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2020-01-11 11:31 | Comments(0)

賀正

 あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

それではお正月ということで、工事はお休みさせていただき、お気に入りの写真をご覧下さい。


賀正_e0360218_12263082.jpg
 1枚目です。自宅のダイニングです。休日の午前中で、やわらかい日差しのフワっとした感じが気に入ってます。ちなみに息子は、落ち込んでいるのではなく、こっそりゲームをしているところです。




賀正_e0360218_12320803.jpg
 2枚目です。前代のGRD3です。そして娘です。カメラを使いこなしている感じが出ていて、こちらもお気に入りの一枚です。





 そして最後に、


賀正_e0360218_12270166.jpg

買っちゃいました。外付けファインダーです。やはりカメラはファインダーを覗いて構図を決めないといけません・・・。嘘です。特に本体と連動していないので28㎜画角相当のフレームがあるだけで、特別使い易いわけではありません。がしかし、アクセサリーとして気に入ってます。

 いかがだったでしょうか。本年も写真を趣味にしていこうと思っておりますので、工事以外でもお付き合いいただけますでしょうか。宜しくお願い致します。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。


# by kastaa | 2020-01-01 00:00 | Comments(0)

塀工事7 CB積み

 ブロック積み工事を進めます。



塀工事7 CB積み_e0360218_09185628.jpg

 一番ややこしい箇所から積んでいきます。水道メーター、門柱の柱、インターホンの配線が所狭しと並びます。これらを上手く配置しながらCBを積まなければなりませんので、最初の墨出しが重要となります。といいながら、土の上には墨は出せないので、大雑把に配置を決めておいて、実際にはコンクリートを打ってから精度を上げた墨出しを行います。外構工事でコンクリートを打つと、土で汚れないし、作業性も上がります。そして気分もスッキリしますね~。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2019-12-28 09:30 | Comments(0)

塀工事6 基礎

 解体が終わったら早速、基礎工事です。



塀工事6 基礎_e0360218_08110220.jpg


 新たな板塀を設置するためにコンクリートブロックを2段積みます。その為の基礎ですが、背筋はそのままCBを8段程積めるのでは、という仕様としました。お客様の残したい植木もなんとかギリギリ残すことができたの一安心です。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2019-12-21 08:35 | Comments(0)

塀工事5 解体完了

 解体工事が完了しました(前回と変わり映えのしない写真ですが)。




塀工事5 解体完了_e0360218_18273857.jpg

 予定より若干長くなりましたが解体工事に余裕をみておいたので次の工程には支障ありません。
少し早いですが、庭の段差解消のための延べ石を納品してもらいました。なんと玄関アプローチのど真ん中に・・・。大丈夫です、工事中は裏側から出入りして下さることになっておりますので。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2019-12-14 08:00 | Comments(0)

塀工事4 解体

 まだ解体が終わりません。



塀工事4 解体_e0360218_15560836.jpg

これからこの地中に埋まった基礎を掘り起こさなければなりません。
通常は150厚程だと思うのですが、昔のことですのでどんなことになっているのか想像がつきません。

しっかりしているなら、そのまま残して次の塀の基礎に代用すればと思われるかもしれませんが、いえいえ、今回の工事は安全な塀にやり替えることが目的ですので、妥協は許さないのです!


塀工事4 解体_e0360218_15562474.jpg
 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2019-12-07 16:05 | Comments(0)

塀工事3 解体

 まだ壊れません。


塀工事3 解体_e0360218_08382640.jpg

 地上部分がやっと終わるところですが、これからまだ基礎を掘り起こさなければなりません。これだけしっかりしている塀なので、基礎の解体にどれだけ時間が掛かるのか予測がつきません。

ちなみに、今回の工事では道路1m分をお借りして作業を行う計画としておりますが、もちろん道路使用の許可をとっての工事ですのでご安心下さい。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2019-11-30 08:44 | Comments(0)

塀工事2 解体

 それでは解体工事から始めます。



塀工事2 解体_e0360218_18202728.jpg


塀工事2 解体_e0360218_18210985.jpg

 今回の工事は、既存塀の強度がはっきり分からないので、大きな地震が来たときの万が一を考慮して、先にやり替えておこうということから始まりました。一見しっかり自立しているように見えるのですが、大正時代のレンガ塀ですから、壊しだすと簡単にと思っていたのが大間違いでした・・・。


 解体屋さんもビックリです。こんなにしっかりしているレンガ塀は珍しいとのことで、解体作業に予定より多く時間が掛かってしまい、工事始めから予定が狂ってしまうことになりました。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2019-11-23 08:00 | Comments(0)

塀工事1 現況

 道路境界線に面した塀やり替え工事のご依頼をいただきました。

早速、現況です。


塀工事1 現況_e0360218_08115848.jpg


 お客様のお話しでは、大正時代に建てられたもので、こちらの敷地はもともと教会が在り、その時の名残りでレンガ塀となっているそうです。これまでの間に、内部側へコンクリート製の壁で補強はされていますが、その仕様も分からないことや、深いクラックが見受けられることなどから、やり替えを決意されました。

 この歴史を重ねた風格あるレンガ塀を解体して、どのような塀に生まれ変わるのかご覧いただけますでしょうか。


 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2019-11-16 08:29 | Comments(0)

ぽちっとがんばっています!


by yone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31