人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京町家改修68 床板2

縁側の床板です。


京町家改修68 床板2_e0360218_08303059.jpg
赤松のなぐり(名栗)加工材です。

普通の平な表面とは違い足ざわりがとても良いんです。特に素足で歩くと気持ち良いのですが、お客様の建物ですのでそれは叶いませんでした・・・。
少しの面積ですがプライベートゾーンへ入る際には必ず通ることになるので、その足ざわりでON、OFFのスイッチが切り替わるのではないでしょうか。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。


# by kastaa | 2023-02-04 17:00 | Comments(0)

京町家改修67 床板

床板を貼ります。

京町家改修67 床板_e0360218_09330594.jpg
お部屋によって仕様はいろいろですが、メインのお部屋は杉板上小節です。

上小節のJASの規定では、
「広い材面を含む1材面以上の材面において、節の長径が10mm(生き節以外の節は5mm)以下で、材長2m未満にあっては4個(材長2.1m以上のものは6個)以内であるもの」とありますが、実際には無節に近いものが多いです。もちろんこの規定があるため、節が在っても文句は言えません。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2023-01-28 17:00 | Comments(0)

京町家改修66 吹抜

 吹抜部の大工工事が完了しました。

京町家改修66 吹抜_e0360218_15534343.jpg
 南北壁と天井はラワンベニヤ仕上とし、東西壁は真壁塗装仕上とします。

通常ラワンベニヤは下地材として使われることが多いので、こんなに綺麗な材を揃えるのは難しいことです。いつもお願いしている材料屋さんに無理を言って揃えてもらえることになりました。今回だけだと念押しされましたが・・・。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。


# by kastaa | 2023-01-21 17:00 | Comments(0)

京町家改修65 戸袋

2階表の雨戸戸袋をやり替えます。


京町家改修65 戸袋_e0360218_18393582.jpg
既存の戸袋を撤去し、戸袋の中が土壁のままだとメンテナンスができないので、先に下地板を貼ります。


京町家改修65 戸袋_e0360218_18533462.jpg
続いて雨戸の鴨居が古くなっていたので交換し、戸袋の枠廻りを取付けます。正面の板貼は将来的に貼替えられるよう考慮しますが、枠廻りはしっかり固定します。今回はこちらの雨戸枠に外部の手摺が取付きますので、より強度が必要となります。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2023-01-14 17:00 | Comments(0)

京町家改修64 外壁

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

工事の様子も引き続きご紹介させて頂きます。

表の外壁工事も進めていきます。

京町家改修64 外壁_e0360218_18365783.jpg
新設壁には厚手のアスファルトフェルトを貼りラス網を貼ります。こちらに軽量モルタルを塗付けて下地を拵えます。外壁等にモルタルを塗る場合、1回で厚みを付けてしまうと割れやすくなるので、基本は2回に分けて下塗りします。その後、上部壁は漆喰クリーム色仕上、腰壁は研ぎ出し仕上げとします。

京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

# by kastaa | 2023-01-07 17:00 | Comments(0)

ぽちっとがんばっています!


by yone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28