町家改修31 障子

 大工工事の最後に建具の建て合せです。
e0360218_07550427.jpg
 こちらのお部屋は、大工工事は殆ど無く内装のお化粧替え程度だったので、既存の床レベルはそのままの状態となっています。実際に寸法を測ってみると結構な歪みでした。少しでも不陸を直せたらと思ったのですが、こちらの真下のお部屋は以前に改修したお部屋なので、微調整すら行うことができませんでした。

 よって、今回は建具の取付けのみで納めます。基本的には組子の水平垂直を変えるわけにはいかないので、外周の框の見付部分で調整する方針です。建具採寸から建て合せまで、意外に時間を費やしました。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-07-22 08:11 | Comments(0)

町家改修30 納まり

 大工工事で納まりの難しかった箇所です。
e0360218_08081790.jpg
 階段上部の上り口です。本来このスペースは2階FLと同じ高さだったのですが、階段の勾配があまりにもキツイので、一段下げるという苦肉の策です。

そしてこの複雑な納まりです。真壁と大壁が複雑に絡み合い、壁で隠していますが既存の柱や梁を傷つけずにギリギリで納めています。大工さんと相談しての納まりなのですが、あまりの複雑さに私は打合せの途中で納まりを見失ってしまいました・・・。でも斉藤棟梁に任せておけば安心です。きっちり綺麗に納めてくれました。さすがです~。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-07-15 08:18 | Comments(0)

町家改修29 柱足元補修

 そろそろ大工工事も大詰めというところだったのですが、工事範囲外の柱足元が腐っているのを見つけてしまいました。工期も迫っているので、目をつぶりたいところだったのですが、腐っている柱を見つけてほっておくわけにはいきません!
e0360218_17430199.jpg
 押入れの中だったので解体する範囲は比較的少なく済んだのですが、中に入っていた荷物を移動する場所を確保するのが大変でした。工事は、二本の柱足元の腐った部分を切り取り、石に入替え、そして根太掛けを取り替えを行いました。と簡単にいいますが、この狭い中で、更には内側からだけの作業だったので、なかなかに大変な工事となりました。これらを適確にそして迅速に進める斉藤棟梁。さすがです!

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-07-08 18:01 | Comments(0)

町家改修28 内装下地

 前回に引き続きツシ部分の内装下地です。
e0360218_18000590.jpg
 登り丸太を化粧とし、それ以外は大壁クロス貼です。表の窓も入替えましたが、建物の癖を拾いながらの設置なので、外部の納まりであったり、内部の壁の垂直水平、壁とのチリなど、窓一つとってみても改修工事は考えることが多いです。それらを完璧に取付けるのは難しいので、それぞれの間をとりながらの設置となります。大工さんの腕と経験がものを言います。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-07-01 18:06 | Comments(0)

町家改修27 天井下地

 以前お話してました2Fオモテの天井下地です。
e0360218_08011519.jpg
 天井裏となる厚みを最小限にして、登り丸太を半分化粧でみせることにしました。以前の傷口もまだ残ったままですが、なんとか目立たないように処置しようと思っています。こちらのお部屋は大壁クロス貼りの予定です。既存もベニヤが貼られていたので、真壁に戻すには厳しい状態でしたので。割り切ってスカッと綺麗なお部屋に仕上げます。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-06-24 08:07 | Comments(0)

町家改修26 納まり

 表のカウンター上部の無目材の納まりです。
e0360218_08311753.jpg
 この納まりはすごいです!
既存の柱や、人見梁、そして斜めの壁面に設置したFIX窓。それぞれの枠材の取付勝手が完璧に納まっております。枠材を取付けるとき最も重要な、チリの取り方が全て上手くいっています。しかも改修のため、既存の柱梁も水平垂直ではありませんので、ここまで隙間なくきっちり納める技術はなんともすばらしいですね~。斉藤棟梁の巧みな技が光ります。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-06-17 08:40 | Comments(0)

町家改修25 収納

 階段下の収納です。
e0360218_17543213.jpg
 左側のスペースがTVスペースで、右側が両開き扉を付けての収納です。荒壁ではありませんが、建物の短手方向の耐力が少しずつ上るので、これらの壁もいざというときには効果があると思います。階段下の三角部分も、もちろん小量ですが収納スペースとしてお使い頂きます。三角形だと入れられるものが限られますが、少しでも有効利用を心がけています。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-06-10 08:00 | Comments(0)

町家改修24 階段

 階段の掛け架け替えです。町家改修の決まった構造の中で、どのように工夫すれば登り易い階段になるかといつも苦労します。
e0360218_10541093.jpg
 勾配が少しでも緩くなるように1段目を廻り階段とし、上部の踊り場をお部屋より一段下げることにしました。もともとは箱階段で蹴上もかなり高かったのですが、今回2段増やすことができましたので、以前と比べ登り易い安全な階段となりました。
 
 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-06-03 11:08 | Comments(0)

町家改修23 スイッチ

 以前ご紹介した表のカウンターに照明器具のスイッチを設置することになりまし。
e0360218_09080886.jpg
 町家の改修工事でいつも頭を悩ますのは、電気配線やエアコンの配管経路です。どうしても真壁の中に配線を隠そうと思うと壁厚がとれなかったり、そもそも間仕切り壁が少ないので、配線できる壁が無い・・・、などです。

こちらの玄関からリビングへの入口近辺にも、建具と柱ばかりで壁が在りません。お部屋の照明を着けるのにセンサーでというのはいまいちなので、カウンターの小口に埋め込むことにしました。この位置なら、見た目もスッキリで、ちょうど良い使い勝手となります。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-05-27 09:18 | Comments(0)

町家改修22 竿縁天井

 2F和室の竿縁天井板を貼替えました。
e0360218_15462980.jpg
 通常の竿縁天井板ではなく、杉板の本実加工品を貼らせて頂きました。源平でしかも上小節ですが、突板とは一味違う無垢材のやわらかい感じが気持ち良いですね~。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

[PR]
# by kastaa | 2017-05-20 08:00 | Comments(0)

ぽちっとがんばっています!


by kastaa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31